FC2ブログ

小児救急市民公開講座

 26日(土)は、午前中の診療を終え、ちょっと遅れて会場のルピナスパークに到着。運良く林和豊先生(元宮崎県北部福祉センター所長)の講演を聴くことができました。絶妙な話に参加者は引き込まれ、子どもと接するときどういう対処(しかけ)をしていくか、多くのケースをあげて具体的に話されとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。聞くチャンスに恵まれてよかったなぁと感じました。ただ、残念だったのは一般市民の参加が少ないことでした。ちょっともったいなかったです。台風一過の秋晴れの午後、行楽地に出かけられた方も多かったのでしょうか。会場が盛り上がった後の私の講演、ちょっと盛り下げてしまったかなと反省。自分の伝えたいことをいかに伝えるか、まだまだやるべき事が多いようです。次に生かしたいと思いながら、会場を後にしました。パソコンを忘れるおまけ付きでした。看護協会のスタッフの皆様、ありがとうございました。次につながることを期待します。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する