FC2ブログ

エピペンの適応

 もう10月です。季節も良くなってきました。スポーツ大会や、行楽ででかけることも多くなる季節。食べ物にアレルギーのある方は外食に使われる食材が気になることでしょう。卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生は発症件数が多く、重篤になることがあるということで表示義務になっているようですが、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚 肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、などは表示を奨励ということにとどまっています。発症件数が多くないことが理由!?つい最近、この表示奨励(任意)にカシューナッツ及びごまが追加されましたが、これらにアレルギーのある方にとっては、表示奨励などという中途半端な対応ではなく、すべて表示義務にしてほしいと思っているのではないでしょうか。
 さて、学校現場でのアナフィラキシーの対応等が問題になったケースがありましたが、この度、日本小児アレルギー学会からシンプルで分かりやすい使用基準が示されました。エピペンを処方されているお子さんが、いらっしゃる園や学校の先生方に参考になると思います。
エピペンの適応_convert_20130809113321
使わないで手遅れになるより、上記のような場合には使った方が有益だということです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する