FC2ブログ

蜂刺症

 8月初めにも蜂に刺された人が続いて受診されましたが、昨日早朝も通学途中の高校生が蜂に刺されたと受診。蜂刺症が多くなるのは、夏から秋にかけてです。どんな所で射されることが多いかというと、人家の軒下、庭の植木、生け垣の周囲、郊外の森林周辺などです。つい最近、私の母も植木を剪定しようとして蜂に刺されました。ハチ毒には疼痛や炎症をおこす活性アミン類や発痛ペプチドと、アレルゲンとなる酵素類が含まれているので、刺された瞬間に疼痛を感じるようです。ある程度時間がたってから腫れることもあるようです。2回目以降はアレルギー反応で、重症例では全身の蕁麻疹、呼吸困難、気分不良、血圧低下など(アナフィラキシー)が生じ、重篤な場合は死に至ることもあるとされているので馬鹿に出来ません。一回でも重篤な反応が起きたことがある人は、エピペン(自分で打てるボスミン注射薬)を常備していた方が安心かな。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する