fc2ブログ

風しんの大流行に関して

 風しんの大流行を受けて、大人の方からの電話問い合わせが増えてきています。妊婦さんは予防接種ができません。
妊婦さんを取り巻く家族、ひいては接種可能年齢の国民ひとりひとりが予防接種を受けて妊婦さんを守るという戦略になります。国立感染症研究所が啓発用のポスターを作成しています。その中に書かれていることは、現在の流行は、特に10代後半〜50代前半の男性、10代後半〜30代前半の女性が多く罹患しているという特徴が。予防として
1)女性は妊娠前に子どもの頃の接種も含め、2回の予防接種を。
2)風しんの予防接種は、はしか(麻しん)も一緒に予防できる麻しん風しん混合(MR)ワクチンで受けることを推奨
3)成人男性も接種回数は、子どもの頃の接種も含め2回を推奨。風しんにかかったことがあるかどうか不明でも接種を。
☆東京都は風しんワクチンの公費助成を決めたようですが、入ってきたメールによると台東区では20〜49歳の区民を対象に来年3月31日まで助成するようです。風しんワクチンが足りなくなることが懸念されていましたが、MRワクチンでもOKとのこと(ただし、原則として、風しんにこれまでり患したことがなく、また、風しんの予防接種を受けたことがないものに限る)。これで、風しんの流行はもちろんのこと、先天性風しん症候群の発生も減るといいですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する