fc2ブログ

三浦知良の言葉

 伊達公子と並んで好きな選手は横浜FC、三浦知良です。サッカーそのものは得点シーンをニュースでみるくらいなのですが、三浦知良も挑戦し続けている選手として、その生き方もファッションも格好いいですね。日経に連載されている彼の「サッカー人として」というコラムを楽しみにしています。そのコラムでの彼の言葉『準備は、あくまでただの準備でしかなく、シーズンでの成功を約束しない。それでもできることはすべてする。習慣と工夫、継続と刷新。パソコンと同じで何事もバージョンアップしていかないとね。僕も、みなさんも。』『もし25歳の自分に戻してあげると言われたって、戻りたいとも思わない。今日の自分が最高。そういう思いで毎日を生きていますので。・・・この先の人生を勉強だと思うのか、もうやり尽くしたと思うのか。「何かが足りない」と日々思っている人と達成感に満ちている人出は、年齢とともに得るものも違うんだろう。僕は毎日、何かしら得るものがあるなぁと感じるというか。・・・』今日は僕の妹の誕生日。そして、もうすぐ私も57歳。私も知良同様、『いつまでも、キラキラした内面を映す若々しい目を持ちたい』と思いました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する