FC2ブログ

高鍋町保健医療懇話会

26日月曜日午後7時から健康作りセンターでで行われました。がん検診の受診率がかなり低いようで、胃がん検診で6.8%、大腸がん検診9.6%、子宮頸がん検診21.2%、乳がん検診20.0%という状況です。特定健診も昨年度は35.9%でした。予防接種では、今年までの特例処置であるMR(麻しん・風しん)3期の昨年度の摂取率が91.3%、4期が86.8%で目標の95%に届かず。臨時接種のHIbワクチンで33.0%、小児肺炎球菌34.8%、子宮頸がんが39.5%。自治体によっては自己負担がある臨時の予防接種。せっかく自己負担なしで受けることのできるのに、もったいないというのが正直な感想。また、3歳児健診時に母親の歯科検診もできるのですが、その利用も少ないようです。子どもがいると特に歯の検診に行く機会はなかなかないと思います。利便性を考えせっかく作っていただいている機会です。利用した方がお得な気がするのですが。温水プールは年間の利用者数が28,656人、1日平均100名弱の利用で、一番多い利用年代は60歳代、次いで70代、その後50代で、50代以上で7割弱。腰痛、膝痛にいいと評判のようです。4位が水泳教室の開催もあり10歳代と続いています。高鍋町健康作り計画の合い言葉は『おたのしみに♪』 おいしくたべる、たのしくうごく、のんびりやすむ、しっかりまもる、みんなでつどう、にっこりわらう。なかなかいい語呂合わせですね。
kennkou



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する