FC2ブログ

医療安全管理講習会

 今日夜間宮崎市で『医療安全管理・院内感染対策のポイント』と題した医療安全管理講習会が開催され、スタッフと一緒に参加しました。講師は宮崎市保健所長、伊東 芳郎先生。To Err is Human.人は誰でも間違える。「重要なことは、個人を攻撃して起こってしまった誤りをとやかくいうのではなく、安全を確保できる方向にシステムを設計し直し、将来のエラーを減らすように専心することである。医療現場だけでなく、どの現場でもあてはまる基本ですね。最後に、今年の麻しんの小流行と、結核の院内集団感染のはなしがありました。麻しんの小児例では、待合にたまたま付き添いで20分いただけで感染しています。麻しんの感染力の強さを思い知らされますね。また、結核の集団感染では院内の患者さんが3例、その病院の職員が9名感染しています。予防接種の重要性を改めて強調されていました。今日から11月、4種混合もスタートします。ワクチン不足でいろいろ問題のあるスタートとなりましたが、VPD(ワクチンで防げる病気)はワクチンで防ぎましょう。*結核予防のBCGも接種期間の見直しが議論されています。今後も、予防接種情報に注意を払っていて下さい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する