FC2ブログ

日本脳炎の件

 18日は急病センターの当直でした。RSウイルス感染症はひと頃の勢いはなくなってきたようで、一例もなく、強風の影響か咳での来院がほとんどで、仮性クループの子どもも続けて来院しました。準夜帯では嘔吐下痢が目立ってきているとのことで一人入院になったようです。当日のニュースやメールでは日本脳炎のことが多く取り上げられていました。このことに関して書かなければと思いながら昨日夜間のインフルエンザが終わって食事をしたらもう眠気が襲ってきて早めの就寝。朝まで爆睡しました。睡眠リズムが狂うとホント身体への負担が大きいということを実感します。生活リズムを整えることは大切ですね。
 さて、日本脳炎ワクチンの不幸な事故について、個人的見解ですがワクチンそのものの問題ではないと思っています。今日の新聞では製造元の阪大微研に調査を指示と掲載されていましたが、ワクチンそのものが問題であれば約1000万回も接種されているワクチンですので、もっと同様の報告が相次いでいるはず。注射という刺激が誘因になったことは否定できませんが、ワクチン成分に対するアナフィラキシーというより致死的な不整脈、あるいは気道の閉塞のようなものがおこったのではと思っています。また、今回の報道で感じたことが二つあります。一つは副反応と紛れ込み事故との区別をしっかりつけないといけないのに、それが混同されて報道されているということ。そしてもう一つは報道のあり方です。因果関係がはっきりしていない段階でまるでそのワクチンが原因と決めつけるような報道の仕方。接種医療機関の名前や院長名、医院の映像まで流れ、まるで犯罪事件を扱っているような感じを受けました。こういうケースでは注意を喚起するというのが一番の目的だと思うのですが。子どものためを考え、一生懸命予防接種を行っている医師のモチベーションが下がらないといいのですが。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する