FC2ブログ

体験

昨日は、長崎に原爆が落とされた日でした。私の母は、女学校時代に長崎に動員され原爆のキノコ雲を見ています。父も学徒動員された口で、子供の頃に戦争体験を聞かされました。今の子どもたちが直接戦争体験者の話を聞く機会は滅多にないでしょうね。
 さて、昨日は、朝3時に電話で起こされ点滴処置。休診の午後はもやもやした頭をすっきりすべく、久しぶりに床屋さんへ。今までずっと散髪だけでしたが、昨夜が急病センター当直に入る日だったこともあり、顔も剃ってもらいました。そのとき紙のパック?のようなものをされましたが(みえないので実際どんなふうにされているかわからない)冷やっとして気持ちいいものですね。瞼には温かいものを。気持ち良くなって眠ってしまいました。女性がパックしている映像を初めて見た時はギョッとしましたが、やってもらっている方は気持ちいいものですね。終わった後は年齢を重ねた肌が自分でもびっくりするほどツルツル(もともと面の皮が厚い?とは外野の声)。ただやっている時に他人からはどんなふうにみえているのだろうと思うと、ちょっと気恥ずかしい。その夜は、急病センターに行く前に熱性痙攣の子どもが救急車で来院。当直に行っても熱性痙攣が一人、多かったのは嘔吐の子どもと急な高熱のみでその他の症状がない子どもでした。まだまだ残暑が厳しいようです。充分な睡眠と栄養で乗り切ってくださいね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する