FC2ブログ

感染症危機管理-予防接種実務担当者研修会

ここ数日、とても冷え込んでいますね。26日には県内に今年初の『インフルエンザ注意報』、『感染性胃腸炎流行警報』『食中毒注意報』が発令されました。今後4週間以内にインフルエンザの大流行する可能性がたかくなっています。また流行中のノロウイルス、そして今後はロタウイルスによる胃腸炎が多くなる時期です。さて、医療機関にとっても忙しい時期ですが、昨日宮崎市でタイトルにあげた研修会が開かれ、国立病院機構 福岡病院の岡田賢司先生が講演されました。目新しかったのは、山口県のとりくみで、1ヶ月健診を小児科が担当し、生後2ヶ月からの予防接種を勧めていった結果、大半が6ヶ月までに受けるべき予防接種を受けているとのこと。生後早期にHibや肺炎球菌ワクチン、できればロタウイルスワクチンも受け、生後6ヶ月までに三種混合1期やBCGまで終えていることが望ましいとも話されていました。また、岡田先生もおっしゃっていましたが、国立感染症研究所感染症情報センターの砂川富正先生からも昨日朝
・今年に入り、麻疹が関東地方(千葉、東京など)、中部地方でじわりと増加している。輸入例に端を発すると考えられるD8型が多くを占める。
・患者は2回の麻疹ワクチン接種が完了していない者を中心とする。
・全国的に事例が広がっていく可能性があるとの注意を喚起するメールがありました。
MRの2回接種が完了していない方は急ぎましょうね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する