FC2ブログ

開院15年目

 1997年に当地で開院して14年経過。今日から15年目に突入です。多くの方々に支えられ今日までなんとかやってこれました。予防接種の種類も増え、救急当直や救急電話等、ますます地域小児科医の役割も増えてきています。ただ、県内開業医の高齢化が進んでいるのが気がかりですが・・・。やれる限り頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。
 さて、新田原の航空ショーがあった4日の日曜日(かなり道路が混雑していましたね)、宮崎市で県の小児科医会役員会が行われ出席してきました。前回の会から今までの活動報告と今後のことを協議し、
1)予防接種関連では、産科との連携も強めながら、出来るだけ早い時期から多くの防げる病気を予防しようという観点から、同時接種を推進していく。
2)Hibや肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチンが来年度も現在同様に出来るかどうかは現時点で不透明。 子宮頸がんワクチンのように今からでは3回が無理なケースでも、今からなら2回だけは確実に公費で受けることが出来るので、できるだけ勧めていく。
3)現在、生後6ヶ月迄となっているBCGを1歳前までに延長してほしいという要望を出していく。
4)当初は今年度までの予算措置だった『訪問救急教室事業』は、来年も継続されることに。
5)小児救急電話相談事業も順調で、来年度も引き続き協力していく。
以上のようなことを確認しました。
 また、来年11月には九州小児科学会・小児科医会が宮崎県で行われます。その準備でも、忙しくなりそうです。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する