FC2ブログ

ネーミング

 昨日『たまたま』の初せりが行われたそうです。地元以外の人には『たまたま』といってもピンとこないかもしれませんが、最高級完熟きんかんのことで、きんかんとは思えないかなり甘いきんかんらしいです(高級すぎてまだ私の口に入った事はありません)。最近、おしゃれなネーミングのものがおおくなりました。宮崎には『太陽の卵』と冠されるマンゴーや、我が古里高鍋には、『百年の孤独』というプレミアのつく焼酎もあります。小説の中にも引用されているほど有名ですが、地元でもなかなか手に入らない一品です。これなんか、じっくり熟成されたことが、ロマンチックな響きを持って感じられますよね。そういえば昨年『太陽の雫』というみかんを初めて食べる機会がありました。これも甘くておいしいみかんでした。
 ただ、おしゃれなネーミングもされていない普通のものにもいいものは多いですね。つい最近、自分の家で自分たちのためのみかんを作っている方からいただいたみかんがそうでした。みてくれはお世辞にもいいとは言えないのですが、今のみかんにない、昔食べていたみかん本来の味がして、別な意味でとてもおいしかったです。我が家でも私が子どもの頃は、母がきんかんを家で作っていて、今の時期は風邪にいいからときんかんの甘露煮をよく出していたのを思い出しました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する