FC2ブログ

生食はダメ

 報道でもご存じのように、ユッケを食べた子どもが、病原性大腸菌O111が産生するベロ毒素によって、溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こして腎不全で亡くなるという不幸な出来事が起こっています。鶏刺しなど、生の肉を食べる風習のある宮崎では、サルモネラやキャンピロバクターなどによる細菌性腸炎が多く、血便や激しい下痢、腹痛で大変な思いをしている子どもが少なくありません。また、これまで食中毒の原因となる寄生虫がおらず、刺し身として食べることが可能とされてきた養殖ヒラメと馬肉に、食後数時間で嘔吐、下痢など食中毒のような症状を起こす可能性のある寄生虫が発見されました(食品衛生などについて話し合う厚生労働省の専門部会報告)。養殖ヒラメから「クドア・セプテンプンクタータ」、馬肉からは「ザルコシスティス・フェアリー」という寄生虫が発見されています。刺身の好きな私は養殖ヒラメから寄生虫が発見されたのは、かなりのショックですが・・・。生を食べないことで防ぐしかないですね。特に抵抗力の弱い子どもには、生は避けて下さい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する