FC2ブログ

命の授業

 東北関東大震災で、多くの命が失われる一方で、奇跡的に救出された命。生と死のニュースをこれだけ目にしたことはなかったと思える昨今、『命の授業』という本に出会いました。この本は、腰塚勇人氏が、自分に降りかかった首の骨を折る事故と、その経験を通して得たことをまとめた本です。その中に次のような言葉があります。1)「口」は・・・、ヒトを励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう・・・ 2)「耳」は・・・、人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう・・・ 3)「目」は・・・、人のよいところを見るために使おう・・・ 4)「手足」は・・・、人を助けるために使おう・・・ 5)「心」は・・・、人の痛みがわかるために使おう・・・ また、・・・「感謝の言葉」を口にしていると、身体の「抵抗力」が高まるし「エネルギー」があがってくる・・・。とも書かれています。生きているだけで、今ここにいるだけで幸せと感謝して、前向きに、ポジティブに生きていこうという力をもらえます。DVDも出ているようですし、ネットでもこの「命の授業」を見ることができるようです。先行き不安な今だからこそ、著者のいう”常笑”の気持ちを持ちたいですね(*^_^*)。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する