FC2ブログ

アナログ派

 先月、カレンダーや室温、湿度までわかる電波時計をいただきました。時刻も正確で湿度までもわかるのはとても便利だと、早速日めくりカレンダーを外して、そこにかけました。そして、数分の遅れが出ていた秒針が回るタイプの丸いアナログ時計を別の所に持っていきました。しかし、長年の習慣とはおそろしいもので、今何時だろうと目がいくのは今までアナログ時計を置いていた所。そこでハタと気づき視線がカレンダーをかけていた所へ。そして表示された数値を読み取る。これを数日繰り返してたどり着いた結論。元に戻そう。ゴミ箱行きだった日めくりカレンダーを元の所にもどして、アナログ時計を再設置。いろんな情報が正確に表示されるデジタル製品が良さそうに見えましたが、時計に関してはアナログがいい。見て直感的に予定時間までどれくらいかスッと頭に入りますが、デジタルは数値を読んで一度頭の中で計算する過程が入ってくる分だけかえって不便だと気づかされました。車のスピード計もそうですが、アナログの方がしっかり見ないでも針の角度が視野に入るだけで何となく分かる。きちっと数値で分からなくても不便でないというより、その方が感覚的にフィットするということがあるのですね。人間の存在そのものがアナログなんだ!?なんて、たかが時計のことでまるで真理をつかんだような気になって心の中で叫んでいました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する