FC2ブログ

インフルエンザ注意報、警報発令

 昨日、今年初めて全国的にインフルエンザ注意報が発令されました。当院でもインフルエンザの患者数が、先週の3倍強と急増しました。今日も、インフルエンザを心配されての来院がとても多かったです。ただ、インフルエンザの迅速検査は、熱が出た直後ではインフルエンザに罹患していても陽性に出る確率が低いようです。検査を希望される場合、全身状態の良い方には時間をおいて受診するよう勧めています。ただ、検査は必須ではありませんし、感度、特異度とも100%の検査はありません。診察所見から検査の必要のない方もおられますし、兄弟、家族がインフルエンザと診断されて、2,3日以内に急に高熱が出た場合は、検査せずに感染したとして治療した方が早い場合も多々あります。今日、「37度でもインフルエンザの検査で陽性だった子どもがいたから、検査してくるように学校の先生から言われた」と37.2度でインフルエンザを疑うような症状もない子どもが来院しましたが、もちろん検査はしませんでした(不要な検査は厳に慎むべきだと思います)。こんな状態で病院を受診させること自体が問題のように思えますし、検査が必要かどうかも含め判断するのが医師の仕事ですので、主治医におまかせを{「餅は餅屋」です}。
 ※現在まで当院で検査した限りでは、インフルエンザA型のみで、まだB型は確認されていません。全県的には当初優性だったA香港型よりも新型インフルエンザが優性が続いています。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する