FC2ブログ

今年最後の当直

 21日は、今年最後の宮崎市夜間急病センターの当直でした。持って行くべきバッグを忘れてしまって、病院についてからあわてました。初めての失態に悪い予感がしましたが、予感的中。バトンタッチをする先生が、『今日は嘔吐・下痢だらけ。自分が吐きそうだった』とおっしゃって、きつそうに帰って行かれましたが、深夜帯でも嘔吐、嘔吐・下痢での来院がほぼ9割。インフルエンザらしきケースはゼロでした。昼間は下痢だけで、夜になって吐き始めた子どもやその逆パターン、嘔吐・下痢で昼間受診していたのだけど、夜になって熱が出てきて心配になったご両親。1回吐いただけで、午前4時前後に数名来院。来院時眠っている子どもも。1回吐いただけであわてて動かすのは子どもにとっても酷です。また、脱水を心配され、眠っている子どもを起こし起こし水分補給して、そのたびに吐くと来院された方も。「入眠できているときはそのままにしておいてください。また、吐き気が落ち着くまで1,2時間は絶飲食が基本です。」と繰り返しながらの診療でした。吐いたからすぐ脱水になるものでもありませんし、みんながみんな重症化するものでもありません。宮大でのノロウイルス集団発生が報道されて、かなり心配される方が増えているようで、子どもに限らず、内科でもノロウイルス感染を心配され、検査してくれと受診される方もいらっしゃるとか。もちろん、夜間急病センターでは検査していませんし、ノロとわかったから特別なことをするわけでもありません。吐物の適切な処置と、手洗いをしっかりすること。原因ウイルスにかかわらず、嘔吐下痢があるときは症状が落ち着くまで、集団生活は原則やめて、おうちでしっかり療養してくださいね。周囲に惑わされずに、子どもの状態をしっかり把握してほしいと思いながらの当直でした。ぼーっとした頭で書いているのでちょっと変なところもあるかもしれませんが、おやすみなさい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する