FC2ブログ

百日咳の増加

 ゴールデンウイークに入り、海外も含めて移動が多くなる時期、ちまたでは豚インフルエンザの話題でもちきりですね。さて、国内に目を転じると今年日本では百日咳の患者数が、過去10年間で最悪のペースで増えていることが懸念されています。国立感染症研究所の調査では、今年に入って3月29日までに1,086人の患者数の報告があったことがわかりました。ここ10年は大人の感染が増えているのが特徴で、10年前は数%だった20歳以上の患者の割合が、昨年は36・7%(2/3が16歳以上)を占めています。一方で0歳児と1歳児の割合も昨年より増えているということで、三種混合の予防接種がまだな方はぜひ早めに受けておいてくださいね、免疫ができるのにはある程度の時間が必要になりますので。百日咳の症状は長く持続する激しい咳ですが、次第に咳が夜間に増悪するようになります。コンコンコンコンと連続した咳(スタッカートといいます)で顔が真っ赤になり、咳とともに吐くこともあるくらいひどくなります。咳き込んで息を吸い込む時にヒーというような笛をふくような音(レプリーゼといいます)を発するようになります。時にチアノーゼや呼吸停止、さらに増悪すると痙攣,ショックで死亡することもあるこわい病気です。治療は通常の抗生剤ではなく、マクロライド系、テトラサイクリン系という抗生剤になります。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する