FC2ブログ

掃除機のゴミからノロウイルス感染

 先月から、下痢や嘔吐を繰り返す感染性胃腸炎が多くなっていますが、まだ衰える気配がありません。子どもから親への感染も結構あるように思えます。国立感染症件研究所の調査では、先月の段階で患者数は昨年に比し3倍以上と報告しています。ノロウイルス感染症が主な原因で、7歳以下が7割以上を占めているとのこと。嘔吐、下痢の症状がある場合は、よくなるまで集団生活を控えましょう。
 また、吐物や下痢便には、大量のウイルスが含まれていることは周知の事実ですが、この度、ショッキングな研究結果が発表されました。長野県環境保全研究所感染症部の吉田研究員らは、1)嘔吐下痢症の患者が出た家庭の掃除機内のゴミを調べたところ、ゴミ1gあたり最大約50万個のウイルスが見つかった。2)しかも、ウイルスは、18~30日間にわたって出続けた。3)ノロウイルスは10~100個で発症する。掃除機で濃縮されたウイルスの含まれるゴミを不適切に処理すると、感染源になる危険性が高いと報告しています。吐物の処理同様、掃除機のゴミを捨てるときもマスクや手袋着用で、すぐゴミをポリ袋などに入れて密封し、処理後は手洗いを徹底することが必要なようです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する