FC2ブログ

署名活動

 大切な子どもたちの命を守るために、希望するすべての子どもに公費で予防接種をというキャンペーンが始まります。その一環として、署名活動を行います(全国一斉に)。予防接種で防ぐことができる病気から、子どもたちを救うために、皆様の御協力をよろしくお願いいたします。10月20日までの期間皆様のお力をお借りしたいと思います。 以下に日本医師会、及び予防接種推進専門協議会の趣意書を引用いたします。
『WHOが推奨している予防接種で防ぐことができる病気(VPD:Vaccine Preventable Diseases)のワクチンの多くは、海外においては定期接種として行われているにもかかわらず、わが国では、Hib(インフルエンザ菌b型)、小児用肺炎球菌、HPV(ヒトパピローマウイルス)、B型肝炎、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などのワクチンは任意接種であり、日本の予防接種政策は世界から大きく遅れているのが実情です。
 VPDで命を失ったり、重い後遺症に苦しむこどもたちがいます。予防接種で防ぐことができる病気からこどもたちを救うために、予防接種法を改正し、地域間や経済的格差なく、希望するすべてのこどもが公費(定期接種)でこれらのワクチン接種が受けられる制度を早期に実現させる必要があります。
 日本医師会と予防接種推進専門協議会は、これらの実現のため「予防接種キャンペーン」を展開し、その一環として署名活動を行うことといたしました。
 国民の皆様にも広くこの活動の趣旨をご理解いただき、一人でも多くの方にご署名賜り、国への働きかけの力とさせていただきたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 平成22年9月 
             日本医師会 
               会長  原中 勝征
             予防接種推進専門協議会
               委員長 神谷 齊』
*早速外来で署名活動を始めたばかりですが、なんと既に75名を越える方の御協力がありました。本当にありがとうございます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する