FC2ブログ

86歳のヘルパー誕生

 年齢を召してからも、いろんな資格に挑戦する人の話を時々耳にしますが、86歳の男性がヘルパー資格取得の新聞記事を見た時は正直びっくり。何でまたこの年齢で、この資格と思ったら、「特別養護老人ホームで暮らす脳梗塞で倒れた81歳の妻を自宅で介助したい」というのが動機だとか。いろんな意味ですごいと思いました。もう一つ感じたのは、勉強はいくつになってもやろうと思えばできるんだ、意志のあるところに道は開けるということ。年をとるのは山を登るようなもの。今まで見えないものが見えてくるとおっしゃった方がおられますが、まさにそうかもしれませんね。自分がこの年になると『光陰矢のごとし』『少年老い易く学成り難し』が実感ですが、いろんな人から学ぶこともまだまだ多いようです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する