fc2ブログ

子宮頸がん発症ゼロ

 
  昨日凄いニュースがスコットランドから発出されたと教えてもらいました。以下ヤフーニュースから引用。
 ~14歳になる前にヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを接種した女性では、浸潤性子宮頸がん(進行した状態の子宮頸がん)の発症例が0件だったとの研究報告が、英オックスフォード大学発行の医学誌Journal of the National Cancer Instituteに掲載された。スコットランド公衆衛生局(PHS)とエディンバラ、ストラスクライド両大学の研究グループは、2008年以降にスコットランドで子宮頸がん検診プログラムを受診した1988~96年生まれの女性45万人を調査した。研究対象となった女性のうち、4万人は12歳から13歳の間にHPVワクチンを2回接種していた。12万人は14~22歳で3回ワクチン接種を受け、約30万人は接種を受けていなかった。2020年に行ったデータレビューの時点で、12~13歳でワクチンを接種したグループの中に子宮頸がんの発症例はなかった。14~22歳で3回接種を受けた人の子宮頸がん発生率(罹患率)は10万人当たり3.2例で、接種しなかった人(10万人当たり8.4例)の3倍近く低かった。~ 
 子宮頸がんワクチンは15歳までに接種を始めると2回接種で済み、その効果も非常に高いことが疫学的にも証明されたことになりますね。詳細は以下のサイトをクリックしてください。
子宮頸がん発症ゼロ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する