fc2ブログ

2日連続の宮崎県WEB講演会

 12月7日(木)夜にWEB開催されました。『人は誰も間違える』事を前提に、間違いをできるだけ大きな事故に結びつかないようシステムや環境の整え方等を学ぶのですが、今回初めて出てきたのがサイバーセキュリティ確保の義務化でした。当院のような診療所でも電子カルテを使っている以上人ごとでは済まされません。医療機関向けセキュリティ教育支援ポータルサイトが厚労省からでていることを知りました。早速スタッフと研修していき、皆様にご迷惑を掛けないようにしていきたいと思った次第です。子ども達にはネットリテラシー(インターネットの情報や事象を正しく理解し、それを適切に判断、運用できる能力)を身につけるということが同様に必要ですね。
 また、翌8日(金)夜には、宮崎県令和5年度予防接種実務担当者研修会がやはりWEBで開催されました。
☆宮崎県では子宮頸がん罹患率が全国1で子宮頸がんワクチン接種率がかなり低いこと。また、トピックとしてはエムポックス(サル痘ウイルスによる感染症)について話されました。今回の流行では小児や女性の症例も報告されていて、年齢や性別でサル痘の可能性を除外できるわけではないこと。発熱やリンパ節腫脹などの全身症状を伴わず、皮疹のみで発症することもあること。新たな感染症パンデミックに備え、今後求められる感染症対策について話されました。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する