fc2ブログ

医療安全管理対策講習会

 12月8日木曜夜、WEB形式で行われました。医療安全に係る法規や安全情報収集、事故調査制度等に続いて、新型コロナウイルスの特性に基づいた効果的な院内感染対策について宮前市保健所所長の副島京子先生が話されました。特に印象に残ったのは、新型コロナの接触感染による伝播は当初考えられていたよりは低いということ。換気や手洗い、マスク等の標準予防策を前提とし、問診や診察、検温など直接接触のリスクがない場合にはガウンは不要という点です。患者等への直接接触、着衣に飛沫等が暴露される場合にガウン着用。当院でも患者さんに直接接触しない看護師や事務職のガウンを廃止しました。これで医療資源の無駄使いと医療廃棄物を減らすことができます。
 ※エアロゾルの飛散防止効果の点では、ウレタン製のマスクや布製のマスクは効果が劣ります。できるだけ不織布のマスクをきちんと(鼻の穴が見えるような付け方は NGです)着用しましょう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する