fc2ブログ

ペットからマダニ感染症

 宮崎県は重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の発症数が全国最多です。しかも先日SFTSを発症したネコから感染したことが判明したケースが報告されました。獣医師らを除く一般市民では県内初だとのことです。下図一番上がフタトゲチマダニです。もう一種類タカサゴキララマダニも媒介します。6〜14日の潜伏期を経て発熱、嘔吐、下痢等の症状が現れ、致死率が10〜30%と高く、特効薬のない病気です。ペットを飼っておられる方はご注意を。また、これから野外が気持ちいい季節になります。マダニが生息しそうな草の茂ったところ等に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かないようにしてくださいね。
img20220425_09555789_convert_20220425101412.jpg

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する