FC2ブログ

子宮頸がん(HPV)ワクチンについて

メールで「申請から5年を経て、ようやく9価HPVワクチンのシルガード9の承認が了承される運びとなりました。正式承認は6〜7月頃になる予定です。」という情報が入ってきました。以下は『VPDを知って、子どもを守ろう』のHPからのQ&A(5月29日現在)から転載です。
Q:日本のワクチンよりも効果が高い9価のHPVワクチンがあると聞きました。今、あわてて受けるのではなく、9価ワクチンの発売を待っても良いでしょうか。
A:日本では9価ワクチンは承認申請中です。HPVワクチンの予防効果を高めるのに価数を増やすことは有効ですが、性交渉を経験する前に接種することがもっと大切です。今あるワクチンを早めに受けるようにしてください。

世界では、9価ワクチンの導入が進む
img20200529_10255948_convert_20200529103112.jpg

現在、日本で受けられる2価や4価のHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは、子宮頸がんになりやすい16、18型HPVの感染を予防します。子宮頸がんの約70%を防ぎます。9価HPVワクチンでは、予防できるHPVの種類が増え、約90%の子宮頸がんを防ぐことができるようになります。日本では、現在、承認申請中です。
現状では、定期接種となっている2価または4価のHPVワクチンを早い時期に受けることをお勧めします。
定期接種の対象外の高校2年生以上の女子も任意接種(費用は自己負担)として受けられます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する