FC2ブログ

異なった視点

 連日、新型コロナウイルス感染症がどこの県で何人出たとの報道が続いています。同じような報道を通常のインフルエンザ流行の時にしていたら・・・年間推定患者数1,000万人、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡推計(超過死亡概念)では、インフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人(厚労省HPより)。今の新型コロナウイルス感染症報道は、不安感をあおりすぎているような気がしていましたが、同じようなことを考えていた人がいることをメールで教えていただきました。『新型コロナの猛威の中で、子宮頸がんの現状を考える 〜ウイルス感染という点は同じ、年間死亡者は2800人〜』食・健康ジャーナリストの小島正美氏の記事です。  https://webronza.asahi.com/science/articles/2020030300005.html?page=2  これによると、毎日29人が子宮頸がんと診断され、毎日7.7人が死亡していることになります。しかもこちらは、防げる可能性が大きい病気。どこをみても金太郎飴のような報道に辟易。ちょっと変わった切り口の報道があってもいいような気がします。なにはともあれ、早くこの流行が終息して普通の生活に戻りたい。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する