FC2ブログ

連休の休日在宅医

 23日(日)は、休日在宅医。ついに小児例も出て話題になっているCOVID-19。この連休や3月1日(日)に企画されていた講演や研修会は軒並み中止になっています。今日の外来はさすがにCOVID-19を心配しての来院はありませんでしたが、インフルエンザを心配しての来院はありました。でも検査した方全員陰性でした。インフルエンザも終息に向かっているようです。連休ということもあって県外の方の来院もいつもより目立つ外来でした。感冒症状に混じって、今日は久しぶりに魚の骨が刺さったという幼児がきました。なかなか口を開けてくれず取るのに難渋しましたが、無事取れたときの達成感は格別でした。小児肘内障の整復と同じで、症状がすぐに消失するので、子どもも親も医師も三方良しですね。
 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する