FC2ブログ

地域総合小児医療認定医指導者講習会

 13日(月)は、沖縄での指導者研修会でした。指導者研修会は年2回行われ、1回は東京、大阪、もう1回は地方持ち回りで行うことになり、その地方開催第1回目が沖縄でした。虐待と貧困、禁煙指導がメインテーマでした。虐待と貧困は関係すると言われていますが、沖縄の戦後の特殊性が今も根強く影を落としていることを初めて知りました。戦争孤児の問題にしても、本国では憲法の次に児童福祉法が制定され、子どものための施策(母子寮や保育園、学校等)が行われていましたが、沖縄では働き盛りの20代が戦争でいなくなり、かなりの数の孤児がいたにもかかわらず、米軍統治下では長い間その問題が置き去りにされ、高い貧困率(全国平均13.9%、沖縄29.9%)や離婚率(1985年以降全国1位)、十代の出産件数も全国の2倍、中学、高校卒業後の進路未定の子ども達が本国の3倍という現実があるとのこと。児童相談所の現状なども聞くことができて、人数的には小規模でしたが、内容は濃い研修でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する