FC2ブログ

都道府県医師会小児在宅ケア担当理事連絡協議会

 25日午後は、上記協議会拝聴のため、臨時休診とさせていただきました。ご迷惑をおかけしました。
 *医療的ケア児(日常的に医療的ケアを必要とする子ども)は医学の進歩を背景としてこの10年で2倍に増え18,000人を越えています。平成27年〜29年でみると2年で1,900人増加し、その40%が人工呼吸器を装着している現状です。そして、在宅人工呼吸療法を受けている小児患者数もこの10年で10倍に増え、子どもやその家族を取り巻く様々な問題が提起されています。そんな中、先駆的な取り組みをはじめている県や医師会があることを知り、勉強になりました。私自身も現在日本小児医療保健協議会(四者協:日本小児科学会、日本小児科医会、日本小児保健協会、日本小児期外科系関連学会協議会)の重症心身障害児(者)・在宅医療委員会の委員を拝命している関係で得るものが多かったです。行政からの参加もあり、宮崎でも少しずついい方向に進んでいく事だと思います。ありがとうございました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する