FC2ブログ

早朝の救急搬入、搬送

 朝6時前に自宅用の電話が鳴りました。親に何かあったかなと慌てて出ると、救急隊からの電話でした。昨日受診するも熱が持続していてきつそうとのことで救急要請があったとのこと。けいれんもなく意識状態も悪くないのですが、診てもらえるかとさほど重症でもなさそうな感じ。熱の持続(38度代)だけで状態も悪くないなら今の時間の診察でなくてもいいのではと思いましたが、搬送受け入れを承諾しました。しかし、搬送された子どもは、昨日熱と咳でRSウイルス感染を疑って検査した1歳の子ども。昨日は検査も陰性で呼吸状態も悪くありませんでしたが、今朝搬入時の呼吸状態はかなりキツそう。救急隊にSpO2(経皮的動脈血酸素飽和度:血液中にどの程度の酸素が含まれているかを示す)の値を尋ねると、暴れて測定できなかったとのこと。診察室でSpO2を測定したら80とかなり悪く、再度の迅速検査でRSウイルス迅速検査(+)。酸素吸入しながら県立宮崎病院に搬送していただきました。RSウイルス感染症では熱の持続を心配されることが多いのですが、今回のケースのように一日で呼吸状態が悪化することがあるので、気を付けて観察してください。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する