FC2ブログ

宮崎地方会第85回例会

17日(日)午後は宮崎地方会でした。興味ある演題が多く勉強になりました。小児外科領域から腸回転異常を伴った腸重積のケース。HHVー6(突発性発疹の原因ウイルスの一つ)感染のようなありふれた病気から急性壊死性脳症のような重篤な病気が発症するという報告があったり、以前は治療法がなかった脊髄性筋萎縮症に治療薬が出来、運動機能がある程度改善するというのは驚きでした。ただ継続投与が必要とのことで、1回の注射薬が5千万円以上かかるという薬剤費がもう少し下がると恩恵を受ける方も増えるのかなと感じました。児湯地区からは坂元先生が都農での百日咳の経験を報告。都農は先生のご尽力で流行は収束しましたが、まだ高鍋保健所管内では昨年11月からこの3ヶ月で32名の百日咳患者が出ています。先日もひどい咳をしてるから学校の先生に病院受診を勧められた子どもが来院しました。高熱が続くとすぐに受診されるのですが、咳の場合は周囲がひどいなと感じるほどの咳でもなかなか受診されないのが、感染拡大の一因になっていると思われます。熱も咳も同じ症状と考えて早めの受診をお願いします。もちろん予防接種を受けるのは大前提ですが。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する