FC2ブログ

医療安全対策セミナー

2月4日(月)夜7時から宮崎県医師会医療安全対策研修会が開催されました。今回の講演は『警察OBが語る 院内暴力対応の実際 〜患者はなぜ怒る クレーム・暴力の対応〜』と題して学校法人慈恵大学総務部渉外室名誉顧問の横内昭光氏(警察OB)が講演されました。今まで医療安全対策セミナーでは、医療過誤を出来るだけ起こさないということに関するテーマが主になっていましたが、このようなテーマでの講演があるということはそれほど医療現場で暴力を見聞きしたり、被害者になったりすることが多くなっているということなのかなと思って聴いていたら、実際医療現場での暴力沙汰や殺傷事件は年々増えているようです。その背景や対処の仕方、病院として組織的に取り組むこと等を実技指導も取り入れながら教えていただきました。警察OBが大学病院や一般病院に勤務することも増えているようです。身近な所では宮崎市夜間急病センターにも警察OBの方が常駐されて久しいです。本音は警察OBの方が活躍される場面が極力ないような医療現場であってほしいところですが。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する