FC2ブログ

休日在宅医

11月25日(日)快晴の一日は、当院は休日在宅医でした。まだインフルエンザはなかったですが、嘔吐、下痢での来院が多く、一日点滴したお子さんもいました。嘔吐・下痢は、兄妹、家族間に感染を拡げます。吐物の処理や、下痢の処理をした後の手洗いが感染防御にとても役立ちます。石鹸などをしっかり泡立てて1分ほどもみ洗いした後しっかり流水ですすぐ手洗いを 2回繰り返すと、手に付着したウイルスを大幅に減らすことができるようです。休日在宅医終了直前に電話のあった子どもも嘔吐としびれ、だるさ。来院が在宅医終了後になるが良いかとの問い合わせ。今日多かった嘔吐症と過呼吸症候群の合併かと思いましたが、なんと尿糖強陽性。糖尿病性ケトアシドーシス疑いで県立病院紹介となりました。治療が遅れると大変だったケース、来てもらって良かったと思うと同時に、流行している中に重大な病気が隠れていることがあると再認識した一日でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する