FC2ブログ

予防接種勉強会

 6月25日(月)夜7時〜県医師会館で行われました。今回は岩﨑直哉先生が講師を務められました。定期予防接種による間違いで一番多いのは、接種間隔の間違いで、Hibや肺炎球菌、日本脳炎の追加接種の時期に間違いが多いこと、親子健康手帳で確認することが大事(予防接種を受けるときは必ず手帳を持参するようにしましょう)、ということを話された後で、2018年度の予防接種ガイドライン2017年度との大きな違いについて説明されました。その中で、おたふくかぜによる難聴は子どもが多いのですが、子どもから大人に感染して大人が難聴になったケースの記載があること、また、海外渡航時、おたふくかぜやロタウイルスワクチンが必要とされることも新たに記載されています。おたふくかぜやロタウイルスワクチンの補助がでているところは是非受けていてほしいと強調されました。また、5年間積極的勧奨を控えているHPVワクチンの効果に関して、海外だけでなく日本でもHPVワクチンを受けた女性の追跡調査がなされ、受けていない人では163人/1,000人中前がん病変が発見されたのに対し、接種したグループではわずか2人だったとのこと。現在でも定期接種なので是非受けてほしいということと、接種を控えて対象年齢を過ぎた人の救済を考慮すべきではということも話されました。最後にワクチン接種時の痛みを減らすためには、子どもに「予防接種は痛くない」とか、恐怖をあおるような言動を慎むこと、予防接種のことを全く知らせず突然診察室で予防接種をすることのないようにとも話もありました。参考にされてください。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する