FC2ブログ

九州外来小児科学研究会 part2

午後の最初の講演は、特別講演2で宮崎市総合発達支援センター所長大庭研一Drが『発達外来から見た子育て』と題して講演。先生らしい優しさがにじみ出ているお話で、スライドもとても分かり易く、多くの人が先生のいう1.お母さんによりそう(人は共感が返ってこないと傷つく) 2.子どもをわかる(現象だけを見ずに、その奥に隠れている気持ちを理解する) 3.先生と一緒に(学校現場での支援)という3拍子そろった子育て支援が出来るようになると発達障害の子どももその親も随分生きやすくなるだろうと思えました。午後の一般演題は、医学生教育に関する演題とアレルギー、そして最後は宮崎市でトラベルクリニックを開設している岩﨑先生の講演でした。トラベルクリニックの利用目的で最も多かったのは、予防接種で渡航目的としては海外赴任とその帯同(家族が一緒に行くこと)ということでした。欧米と異なり、海外への観光旅行前での利用は少数だったようです。*3月も残り少なくなりました。母子手帳で予防接種の確認を!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する