FC2ブログ

RS感染症の流行

 全国的にRSウイルス感染症が流行していますが、当院でも増えてきた印象があります。1歳前後が多く、肺炎まで起こす子どももでてきています。小さい子で、ゼロゼロした咳と高熱は要注意。RSウイルスは、インフルエンザウイルスと違って効く薬がありません。ひどい咳で哺乳等が損なわれないよう、対症療法が主体で合併症に注意しながらみていくことになります。年長児はRSウイルス感染症にかかっても、普通のかぜの経過を取るのが一般的ですが、感染源になるので、咳エチケットは守りましょう!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する