FC2ブログ

急病センター当直

 20日は宮崎市夜間急病センター当直、22日(土)は救急電話相談当番でした。宮崎県小児科医会の救急の所をみると宮崎市、都城市、延岡市の急病センター受診状況がわかります。それをみると私が担当した木曜日は準夜帯が8名、私の担当した深夜帯は7名の受診があることが分かります。人数的には落ち着いている方です。ただ私の担当した深夜帯で記憶に残ったのは、もう当直が終わるかなと思っていた朝6時半頃に熱性痙攣を起こすのが心配と救急車で来院された家族。子どもは熱性痙攣をおこしたことはないのですが、熱が続いているので起こしたら不安だからと救急車要請。熱が続くと頭をやられると心配されていました。子どもを心配する親心、理解はできますが、起こしてもいないけいれんを心配しての救急車要請はやはりやりすぎでしょうとお話ししました。その時間に本当に救急車が必要な方が出てこないとも限りません。適正な救急車利用を心掛けてほしいと思います。幸い、この親御さんは理解してくださいました。
 今日は、宮崎県小児科医会総会。4ヶ月かけて行った急病センターでのアンケート結果を報告してきます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する