FC2ブログ

薬の誤飲

 日本小児科学会誌4月号に傷害速報No.67が掲載されました。お母さんに処方された薬(筋緊張性疾患治療薬)を誤飲して、意識障害、けいれんで入院加療となった2歳9ヶ月の女児例が報告されています。29錠分を誤飲した可能性が有り、一時気管内挿管して人工呼吸を要するほどの重症だったようです。気管に詰める誤嚥では、窒息の可能性もあります。過去の傷害速報は、小児科学会のHPでもみることが出来ますが、宮崎県小児科医会のHPの救急案内の下の方に直接リンクを張っていますので、御利用ください。そして、少しでも事故がおこらないように努力をして下さいね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する