FC2ブログ

会議と急病センター当直

 17日は、エコチル調査運営協議会出席のため、診療時間を早く切り上げご迷惑をおかけいたしました。おかげで、遅れることもなく会に出席できました。エコチル調査とは、環境省が2011年から実施している「子どもの健康と環境に関する全国調査」のことで、 「エコロジー」と「チルドレン」を組み合わせて「エコチル調査」です。日本中で10万組の子どもたちとそのご両親に参加していただいているということで、いろいろなデータが蓄積されてきているようで、その年間スケジュール等を協議しました。
 その後、宮崎市夜間急病センターの当直へ。すでに数名の子どもが待合室に。深夜帯最初の子どもは、発熱と右下腹部の痛みが主訴の小学生。急性虫垂炎が真っ先に思い浮かびます。いろいろ検査しましたが、腹痛の主原因は便秘と思われました。便秘もあなどれません。その後熱性けいれんの幼児が救急搬入。その後も嘔吐や熱発、仮性クループと5時前まで続きました。外来ではB型インフルエンザがぽつぽつ出ていますが、今回の当直では、インフルエンザを疑うケースはありませんでした。今冬は乳幼児のインフルエンザは、今までになく少なかった印象!?
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する