fc2ブログ

出席停止期間

 先日、インフルエンザが軽快し、登園許可証を出した子どもの母親から電話相談がありました。『登園しようとしたら、診断した日から5日間たってからでないと登園できないと言われたのですが、そうなんですか?』。こんな質問は初めてでびっくり。いつから?その園ではそのようになった!?出席停止期間は、学校保健安全法第19条で定められています。インフルエンザでは、学童(小学校以上)と園児では異なります。ちなみに「発症した後5日をけいかし、かつ解熱した後2日(乳幼児、幼児にあっては、3日)を経過するまで」となっています。この発症した日とは、熱が出た日を0日として、5日間は出席停止ということで、決して診断された日が0日ではありません。インフルエンザにかかった子ども達は最低限この期間は出席停止ということです。そして、いつ解熱したかで、出席停止期間が長くなることがあります。というのも、解熱した日が遅いとそれから+2,あるいは+3日は登校(登園)出来ないからです。この際も、解熱した日が0日で、それから2日(園児では3日)を経過したあとでないと登校(登園)できません。おたふくかぜも同様で、耳下腺や顎下腺が腫脹したのに気づいた日が0日で、それから5日経過するまでは出席停止です。トランプ流?に勝手なルール(解釈)をごり押しされないようお願い致します。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する