FC2ブログ

インフルエンザ注意報

 先週末県内にインフルエンザ注意報が発令されました。昨冬より1ヶ月早い流行入りで、注意報レベルを超えたのは2週早いということです。保健所管内別では、日向が最多で、延岡、日南、小林、都城保健所管内と続いています。西都・児湯管内はまだ少ない方ですが、週末にかけてインフルエンザと診断するケースが増えてきました。その中にまだマイコプラズマ感染症や溶連菌感染症が混じったり、感染性胃腸炎で点滴する子どもがいたりと外来が混雑してきました。熱が出ると皆様インフルエンザを心配され、園や学校から迅速検査をするよう言われて来院する方も多くなってきています。熱が出てすぐでは検査は出来ませんし、熱が出た人みんながインフルエンザというわけでもありません。先日、熱が出て来院、インフルエンザの検査をして陰性、翌日解熱して何の症状もない中学生が、先生からもう一度インフルエンザの検査を受けるよう言われて来院しました。全く意味のない来院で、この来院でインフルエンザに感染してしまうリスクもあります。子どもだけではなく、仕事を休んで付きそう保護者の負担や、医療費負担増加にもつながります。インフルエンザの診断に検査は必須ではありませんし、必要なときはします。そこのところは、医師にお任せを。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する