FC2ブログ

妊婦さんへのインフルエンザ予防接種

 今日の予防接種の時間は、インフルエンザの予防接種がメインでした。さて、妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受ける際に心配なのは、胎児への影響でしょう。インフルエンザをはじめ、不活化ワクチンは胎児への影響はないといわれています。
*今年は4月に熊本地震が発生し、ワクチンメーカーである化学及血清療法研究所が被災したことから、他ワクチンメーカーが増産する必要が出てきたため、チメロサールを含まない0.5mL製剤の生産は中止し、ロスの少ない1mL製剤に統一して、より多くのワクチンを生産することになりました。日本産婦人科学会は、ワクチンに含まれるチメロサールはごく少量であって胎児への影響はなく、自閉症との関連も否定されているとの産婦人科診療ガイドライン産科編2014のクリニカルクエスチョンを引用。「(チメロサールフリー製剤が)利用できない状況下で、かつインフルエンザの流行がある場合には、チメロサール含有ワクチン接種を躊躇しない」との一文を紹介し、チメロサール含有ワクチンを接種するよう促しています。日本産婦人科医会も、同様に状況と安全性を説明し、「なるべく早い時期に接種を受けるよう」、妊婦さんへの指導を呼び掛けています。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する