FC2ブログ

宮崎市急病センター当直がなくなる?

 8月24日(水)は宮崎市急病センターの当直でしたが、準夜、深夜とも比較的落ち着いていました。夏も終わろうかという時期になってようやく感染症の方も下火になってきたようです。当直明けの木曜午後は少しゆっくりして、夜宮崎市で行われた市郡医師会臨時総会に参加してきました。主要議題は、宮崎市夜間急病センターを今後どうするかでした。宮崎で一番小児科医が充実している宮崎市ですが、急病センター当直を担う開業小児科医の高齢化に伴い、維持が年々困難になってきています。60歳、同級生が退職していく年齢、通常だと規定では当直免除ですが、その規定を適用すると即急病センターの深夜帯維持が不可能になる状況です。今年も2名が体調不良で急病センター当直が出来なくなりました。昨日の話し合いでは深夜帯撤退を含めいろんな意見がでましたが、来年度は当面準夜、深夜を維持していくことになりました。ただ、日、月を担っていただいている宮崎大学医学部の状況報告が有り、現時点で来年度の小児科入局者が0で現状維持がやっとの状況,県立宮崎病院小児科も人数減が提示されているようで、現時点では応援を出せそうにない状況です。皆様の想像以上の綱渡り状態です。今後は状況が毎年変わる(2年後60以上の医師が急増)ことも勘案し毎年、次年度の急病センターの深夜帯を行うかどうかを検討していくことになって閉会しました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する