FC2ブログ

基本再生産数

先日夕方、市内で『わが国における麻疹風疹の現状と今後の対策』と題した講演会が開催され出席してきました。講師は国立感染症研究所ウイルス 第三部 第一室長 駒瀬 勝啓先生。麻疹はワクチン導入前は世界で年間500〜800万人の死亡者が出ていた病気。ワクチンがかなり普及した今でも、2013年の時点で年間12万人が亡くなっています。麻疹ウイルスの特徴は免疫系の細胞に感染すること。ですので、かかってしまうと30%以上に合併症が出ます。表題の『基本再生産数』という言葉、聞き慣れない方も多いのでは。これは、「ある1人の感染者が完全な感受性集団(その病気に免疫のない人)に入ってきたとき、 その感染者から平均で何人が感染するかという数」で、麻疹の場合は12〜18。インフルエンザでさえ2〜3。如何に麻疹の感染力が強いか理解できますね。この麻疹、子ども達のMRワクチンの2回接種がすすんだ現在は、成人麻疹の頻度が増えているそうです。大人の方も是非MRワクチン接種して下さいね。ちなみに、風疹の基本再生産数は7〜9。風疹では先天性風疹症候群(CRS)が問題になりますが、CRSの子どもの死亡率は20%超。世界レベルだと風疹の予防接種率は46%止まり。多くの人が世界を股に掛ける時代、MRワクチンは必須ですね。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する