FC2ブログ

急病センター当直

 連休明けの外来は、想像以上の外来数でこちらもびっくりしましたが、いらしたお母さん方からも「どうしたのですか?冬でもないのに」との言葉が多く聞かれました。待ち時間が長くなったことをお詫び致します。子どもの病気は夏には少なくなる傾向があるのですが・・・。その夜(19日)は宮崎市急病センターの当直でした。引き継ぎの前に看護婦さんと話したのですが、17,18の連休中の急病センターもかなり混雑したようです。胃腸炎と熱中症を心配しての来院が多かったとか。午後11時から翌朝7時までの深夜帯での来院数が準夜帯と同じ数と今までになかったくらい多かった日もあったようです。もう一つは昼間病院にかかっていても、夜不安になっての来院も多かったとのこと。私の従事した深夜帯でも昼間咳と熱で受診。夜咳が止まらないとの来院がありました。しかし、診察室では咳もさほどではなく、喘鳴も聴取せず、喘息の既往もなかったので、「何が一番心配でこの時間来院されたのですか?」と尋ねたところ、「今、マイコプラズマが流行中と聞きました。それにかかってないかが心配です」と。持参されたお薬手帳を見たら、マイコプラズマ感染症の時に使用する薬も含め処方されています。そのことを話したら、「そうなんですか、安心しました。薬のことを聞いておけばよかった!」。受診されるときは、自分が何が一番心配か伝えることも大事ですね。忙しい外来をみてると、ついつい遠慮して早く診察室を出なくてはという心理になり、聞きたいことを聞き忘れるれる方も多いのかもしれませんね。必要なことは聞き忘れないよう質問事項をメモしておくのも一法です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する