FC2ブログ

受動喫煙と虫歯

”KK禁煙科学 最近のエビデンス(KKE)”から「受動喫煙により3歳児の虫歯は2倍増える」というメールが来ました。受動喫煙で気管支喘息というとピンときますが、虫歯?と思われた方も多いのでは。その根拠は『受動喫煙に曝露された子供は,唾液中IgA濃度が低くシアル酸濃度が高い。シアル酸はミュータンス菌の付着を促進し,歯垢や虫歯の原因になる』。ということで、今回,76,920人の日本の小児について,感染リスク期間前や胎内での受動喫煙が,乳歯う触のリスクになるかどうか検証したということです。「2004-2010年に神戸市で出生した90,216人のうち、母子健診を受け、4か月時の受動喫煙状況が判明しており、18か月と3年時の歯科検診記録が入手できた76,290人を対象とした研究の結果:子供の出生4か月の時点で家庭内に喫煙者がいると(神戸市では55.3%)、子供が3歳になったとき乳歯に虫歯ができているリスクは、子供のいるところで吸う家庭では2倍、子供の前では吸わない家庭でも1.5倍、非喫煙者の家庭より高まっていました。これは,母親の年齢や出産歴、飲酒、出産方法、子供の出生状況や発育具合、出生後の母乳栄養、歯磨き、甘いものの摂取、などに関係なく有意でした。たとえ分煙でも、受動喫煙により子供の健康が損なわれることが明確に示されました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する