FC2ブログ

宮崎市小児感染症研究会

 7日(木)は、夕方から宮崎市で行われた小児感染症研究会に出席してきました。今回の当別講演の講師は国立成育医療センター耳鼻咽喉科 守本 倫子 医長で、「小児耳鼻咽喉科領域における感染症の取り扱いー予防できたかもしれない感染症をどうみるかー」と題して講演されました。子どもの難聴診療、人工内耳植え込みの経験豊富な先生です。難聴を来す原因疾患は多数あります。先天性サイトメガロウイルス感染、先天性風疹症候群、麻疹、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、ヘルペスウイルス感染、帯状疱疹等。その先生が1時間の講演で一番強調されていたことは、小児科医と同じ、予防接種の重要性でした。予防接種を受けていたら防げていたかもしれない難聴、数多くの子どもたちを診ている小児耳鼻咽喉科の先生も悔しい思いを数多くされてきたのだろうなと思いました。
*昨日で高校生の実習が終わりました。医療事務と一口に言っても、思った以上にいろんな仕事があること、その忙しさにびっくりしていたようです。夢に向かって一歩ずつ前へ進んでください。お疲れ様でした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する