FC2ブログ

アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎治療最前線という記事がMedical Tribuneの5月26日号に掲載されました。7年ぶりに診療ガイドラインが改定されたようで、『プロアクティブ療法:炎症のない状態まで寛解した皮膚に対して抗炎症外用薬の使用を週に2回程度継続することにより、再燃を予防する治療法』が新たに加えられました。また、日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会からのレポートでは、有病率は小児では横ばい、成人の一部(35〜49歳)で増加傾向とのこと。東京逓信病院の副院長で皮膚科部長の江藤隆氏は、ステロイド外用薬の抗炎症効果を得るためには、必要な期間、十分量を使わなければならず、短期間のみ少量使うだけでは炎症は抑制できないとして、中途半端なステロイドの使用は禁物、教育と指導の徹底が重要と強調されたということです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する