FC2ブログ

子どもの誤飲

 先日2014年度の子どもの誤飲事故が厚労省から発表され、たばこが最多でした。2番目は医薬品・医薬部外品で13年度と順位を入れ替えました。ただ、グラフで見るようにタバコと医薬品・医薬部外品で約35%を占めているのはほぼ一緒です。たばこを家庭に持ち込まないことが一番ですが、万が一タバコを誤飲したときは、ニコチンの吸収を抑えるために、出来るだけ吐かせ、水や牛乳など飲ませず、絶飲、絶食で医療機関を受診して下さいね。医薬品の誤飲は1〜2歳の幼児で多く発生しているので、小児の目に付くところや手の届く範囲には、小児の口に入る大きさの物は置かないように注意してください。
2014子ども誤飲_convert_20160403092334
2013年度子ども誤飲_convert_20160403092406
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する